バイアグラジェネリックは救世主

バイアグラジェネリックはオイラの見方

kamagra
バイアグラジェネリックはバイアグラと同等の効果を得られる医薬品です。バイアグラと同成分のシルデナフィルを主成分としたED治療薬です。バイアグラより安価で購入できるのも嬉しいですね。

バイアグラのジェネリックは種類も豊富です。錠剤のものゼリー状のもの早漏防止薬配合のものまであります。中でもカマグラゴールドは人気のED治療薬です。

 

kamagraへ 

メーカー Ajantha Pharma
商品名 Kamagra Gold 100mg
効果 バイアグラと同様の効果のジェネリックです。1錠で5時間程の持続作用
即効性 30分
chewable
チュワブルタイプのバイアグラジェネリックは噛み砕くか舌下で溶かして使用するED治療薬でバイアグラと同等の効果を得られるバイアグラのジェネリック医薬品です。

 

Chewableへ 

メーカー Ajantha Pharma
商品名 Kamagra Chewable 100mg
効果 バイアグラと同様の効果のジェネリックです。1錠で5時間程の持続作用
即効性 30分
Firagra gel
ジェル(液体)のバイアグラジェネリックは水を使用しないまま服用するED治療薬でバイアグラと同等の効果を得られるバイアグラのジェネリック医薬品です。

 

Filagra gel shotへ 

メーカー Fortune Health Care
商品名 Filagra gel shot 100mg
効果 バイアグラと同様の効果のジェネリックです。1袋で5時間程の持続作用
即効性 20分

 

バイアグラジェネリックは救世主

以前オイラがお世話になったバイアグラジェネリックはED治療薬だ。

 

なつかしいぞバイアグラジェネリック!

 

確か、あの頃はオイラは金欠だった。

 

金欠の時はジェネリックに限るぞ。

 

何故オイラが金欠になったか?

 

それは、あるキャバ嬢に入れあげていたからだ。

 

金欠だけど、したい事はヤル!これがオイラのモットウだ。

 

バイアグラジェネリックを購入して、頑張った日々を思い出すぞ!

 

オイラの金欠話は、おいといて本題に入るぞ。

 

バイアグラジェネリックを服用すると正規品のそれと同じで、副作用の頭痛、動悸、めまいがしたぞ。

 

副作用が起こる割合は少ないようだが、コイツは間違いないと確信を持つ事ができたぞ。

 

もちろんアソコも元気になったぞ。

 

今や多くの製薬会社でバイアグラジェネリックを製造しているが、

 

同成分のそれを製造しているのは少ないようだ。

 

個人的なオイラの感想だが、ここのは効果が認められた事を報告するぞ。

 

効果が薄い間違ったものを購入しないように気を付けろ!

 

バイアグラジェネリックを購入して頑張るのはいいが、腹上死には気を付けてくれ!

 

 

バイアグラジェネリックとEDの原因

 

 

EDの症状を持つ日本人男性は1000万人以上と言われています。
EDとは、男性の勃起障害あるいは勃起不全のことです。

 

性交渉の際に、十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交渉が行えないことをいいます。
日本性機能学会の定義によると、EDの目安は性交渉のチャンスの75%以上でセックスが行えない状態のこととあります。

 

性交渉は、子孫を残すためだけの行為ではなく、夫婦やパートナーとのコミュニケーションをとったり、絆を深めたりする大切な行為です。
しかし、男性がEDになった場合には、男性本人はもちろんパートナーである女性にとっても精神的な苦痛が伴います。

 

男性は自分の体に自信を無くすことが多く、また女性は自分の体に魅力が無いのではないかなどという悩みにつながります。
その原因には、さまざまな要因があります。
まず1つ目は、加齢です。
年齢を重ねるごとにその割合は増加します。
加齢によって高血圧や糖尿病などの生活習慣が原因となり、血管や神経が障害を受けて、EDになる場合があります。

 

2つ目はストレスです。ストレス、不安、うつなどの心理的要因によって、EDになる場合があります。
どちらかというと、20〜40代の若い男性に多くみられます。

 

3つ目は、手術や外傷です。
前立腺がん、直腸がん、膀胱がんなどの摘出手術により、その周りにある血管や神経を損傷し、EDになる場合があります。

 

4つ目は、神経系の障害です。
脳出血、脳腫瘍、脳外傷、アルツハイマー病、パーキンソン病などの神経疾患で、EDになる場合があります。

 

5つ目は、薬の服用です。
神経系に作用する薬剤や血管系に作用する薬剤を服用することにより、EDになる場合があります。

 

ED治療薬として、バイアグラ、レビトラ、シアリスが知られています。
この中で、バイアグラについて説明します。
バイアグラは、男性の陰茎にある陰茎海綿体の血管平滑筋という筋肉を緩める作用があります。
血管平滑筋が緩むと陰茎への血液量が増し、陰茎海綿体の内圧が高まることにより勃起が維持できます。
バイアグラは、1998年にアメリカで発売され、1999年に日本でも認可されました。

 

そして、バイアグラの特許が切れるのが2013年です。
特許が切れると、バイアグラジェネリックが認可されます。
ジェネリックは、後発医薬品とも言われ、特許が切れた後に他の医薬メーカーが全く同じ薬品を作ったものです。
医療メーカーは開発費が新薬と比べ、かからないため、安く薬を作ることができます。
そのため、消費者も安く、オリジナルと同じ効果を持った医薬品を購入することができます。

 

しかし、なぜバイアグラジェネリックが今あるのか?
それは特許自体がなかったインドでは製造が可能だったのです。
インドの各製薬会社や医療技術は、とても優秀で世界的にも認められています。
バイアグラジェネリックの多くはインドで作られた薬品になります。