バイアグラの効果について

バイアグラの効果について

kamagra
1998年5月にアメリカでED治療薬として初めて発売されたバイアグラは、日本では1999年3月に登場し、以来現在に至るまで絶大な人気を誇っています。

血管を拡張させ、海綿体に流れる血量を増大させることにより勃起を持続させる仕組みです。

viagraへ 

メーカー Ajantha Pharma
商品名 Kamagra Gold 100mg
効果 1錠で5時間程の持続作用
即効性 30分

誤解を受けやすい点として注意すべきことは、いわゆる催淫剤とは根本的に異なるものである、ということです。
服用しても局部に性的刺激が加わらなければ勃起しませんし、性欲増進の効果が期待できるものではありません。

 

その効果は内服後30分〜1時間で効き始め、その後3〜4時間持続します。
ですから性行為の約1時間前に服用すれば効果的です。

 

食事をした後やお酒を飲んだ後に服用しても効くのか、という疑問は専門治療院やED治療専門サイトなどで多く挙げられますが、血流に関係する薬品なので食事直後に飲むと効き目が出るまで時間がかかります。
出来れば空腹時に服用することが効果的とされています。

 

また大量のアルコールと併用すると効果が弱まる場合がありますので避けたほうがよいでしょう。
身体が効き目に慣れれば少量のアルコールでしたら問題は無いようです。

 

心配される副作用についてですが、使用する人によって個人差があり、統計では約2〜3割程度の人に「顔のほてり」や「目の充血」・「鼻づまり」などの症状が出ることがあるようです。
これは血管拡張作用が影響を及ぼしたものなので、お酒を飲んで顔が赤らむのと同様な一時的な作用です。
その他「軽い頭痛」・「微細な色覚変化」・「軽い下痢」などの症状が出ることがありますが、これらも一時的なものです。
服用時に頭痛薬や胃腸薬と併用すれば防ぐことが出来ますし、それらとの併用については問題は無いとされています。

 

バイアグラ等を処方購入できる科

バイアグラなどのED治療薬を処方してもらい購入するためには、クリニックに通う必要があるのですが、薬を処方してもらえる科は複数ありますので、まずはこの点を抑えておくとよいです。

 

バイアグラを処方してもらい購入できる一番適している科といえば、泌尿器科になります。
泌尿器科は、男性の性の問題を専門的に扱っている科になりますので、間違いのない治療を受けることができます。

 

治療に際しては、体調などを調べたうえで、バイアグラやシアリスなどの薬を処方してもらえますので、安心して任せることができED薬を購入できるでしょう。
泌尿器科に行くことが恥ずかしいという場合には、まずは内科で相談してみるとよいです。

 

特に糖尿病などの生活習慣病が原因のEDの場合、長く通っている先生に相談したほうが、体の状態を知っていますので、適切な薬や量で処方してもらえますね。
内科の医師も、ED薬の性質についての知識を持っていますので、体調に負担のない形で、ED治療薬を処方してもらえるのです。

 

内科や泌尿器科の医師に相談して、どのように思われるのか不安という方は、ED治療専門のクリニックがお勧めです。
ED治療専門クリニックでは、ED治療だけを行っていますので、EDに悩んでいることを医師に告げる必要なくスムーズに薬を処方してもらえ購入できます。